全身脱毛の痛み対策は医療用の麻酔を使う

全身脱毛の痛み対策は医療用の麻酔を使う

全身脱毛は広範囲への照射になりますので、部分的に痛みを強く感じることも出てきますし、それが脱毛に通う壁に感じることも出てきます。エステサロンでは出来いないものの、医療脱毛だと医療用麻酔の利用が可能です。

医療クリニックでの施術時の痛み軽減対策

全身脱毛は広範囲の脱毛照射を行うことになりますので、その分だけ痛みを感じやすくなるのは悩ましいものの、クリニック脱毛なら麻酔利用可能です。クリニックで患者さんに使う脱毛マシンは病院用のマシンですので、照射可能な設定レベルが高く、その分だけ効果も高いのとともに、肌に感じる痛みも強くなります。医療レーザー照射の痛みを、涙を流すほど我慢をする必要はないですが、適切な照射の設定でも、感じやすい人はいたいと感じるので、対策を医療用ですることが可能です。クリニック脱毛は医療の現場での脱毛だからこそ、麻酔を使い痛みを減らすことができます。脱毛の支払い以外に、その日に別途費用がかかりますが、痛いよりもずっとマシです。

クリニックでの痛み対策の医薬品には種類がある

全身脱毛の痛み対策のクリニックでの医薬品ですが、いくつかの種類から選びます。よくあるのは肌に塗るタイプのクリーム麻酔であり、脱毛照射をする部分に医薬品のクリームを塗り、30分程時間を経過させるタイプです。次第に表皮には外部刺激の感覚が鈍りますので、医療レーザー照射の刺激も、ダイレクトな痛みではなくなります。塗るタイプのクリームは、肌に塗布して30分経過してから、洗顔で洗い流しますので、ジャ感の手間はかかるタイプです。口周りや目の周辺などの部分的なパーツには、貼り付けて剥がずタイプのテープタイプがあります。テープは時間を置いたあとに、洗顔をする必要がないです。最も時間も必要なくて簡単なのは、鼻から吸い込む笑気麻酔の方法になります。

脱毛サロン利用時の全身脱毛の痛み対策とは

クリニック脱毛での痛み対策は医薬品利用ができますが、脱毛サロンは医薬品利用は不可です。しかしエステサロンの場合は基本的に、クリニックで採用をするような、病院用の強い出力のマシンを使ってはいません。エステサロンではエステマシンを使った、光での照射で先進脱毛をすることから、あまり強い痛みを前進に感じないのも脱毛サロンです。ただデリケートゾーンのIラインとOラインに限ってはさすがにエステ脱毛でも刺激は強めになります。エステサロンの場合は痛みがあるときにはスタッフに伝えることで、冷やしたり休憩の対処をするのが基本です。場合によっては出力が肌に合わないと理解した他、エステ機器のパワー設定を下げる事もあります。

まとめ

全身脱毛は痛みの不安もあるものの、クリニック脱毛は麻酔が味方になります。特に痛みを感じやすい、デリケートゾーンなどの医療レーザー照射も、問題なく行うことができますので、スタッフに麻酔希望を伝えておくことです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

全身脱毛のメリット及び注意点と医療クリニックが高い効果を望む場合に推奨できる理由
全身脱毛はやけどや炎症の心配もなく施術できます
全身脱毛にエステやクリニックへ通う頻度
全身脱毛を始める20代が増えています
全身脱毛のメリットは手間やコストを省ける
全身脱毛のデメリットを知っておこう
全身脱毛で失敗しないために気をつけること
生理の時に全身脱毛の施術を受けても良いのか
サロンで全身脱毛を行うメリット及びデメリット
全身脱毛は高いは間違い、実はお得に脱毛が出来る
全身脱毛を受けることで考えられる副作用
全身脱毛初回はカウンセリングや無料照射が
全身脱毛を任せられるサロンの選び方
全身脱毛をサロンやクリニックで行う場合の流れを知る
全身脱毛の際に気をつけたい剃り残し
全身脱毛の施術で肌にかゆみが生じたときの対処
全身脱毛は痛さも感じず施術を受けれます
全身脱毛を受ける時は保湿をしっかり
全身脱毛をする当日に注意すべきこと
全身脱毛は肌荒れも改善する事が出来る
全身脱毛後に脇汗が増えてきた場合の対処について
全身脱毛をする際のアンダーヘアの脱毛について
全身脱毛の施術を受ける際は恥ずかしいのか
全身脱毛は安全に綺麗な素肌を手に入れることができます