全身脱毛の施術で肌にかゆみが生じたときの対処

全身脱毛の施術で肌にかゆみが生じたときの対処

全身脱毛を受けることでムダ毛を少なくしていくことができますが、肌にかゆみを感じることもあります。クリニックでもエステでもよくある、一時的な肌のトラブルではありますが、肌は脱毛の照射を受けることで、内側に熱がこもるのが理由です。

光やレーザーの照射で肌には熱が加わる状態に

全身脱毛でかゆみの症状が出るのは、医療レーザーにしてもエステの光脱毛照射でも、一瞬の高熱が加わるのが理由です。肌の表面上には何も変わりがないとしても、医療レーザーもフラッシュも照射により、毛の成長させる細胞へのダメージを加える仕組みがあります。ダメージを加えるのは毛乳頭などのメラニン色素になりますが、周辺の皮膚にも多少の熱の影響が加わります。熱を持つということは水分を蒸発させることでもりますので、肌内部からは水分がどんどん蒸発をしますので、皮膚は潤い付属の状態です。簡素をした肌状態というのは、皮膚への刺激を受けやすいですし、皮膚にはかゆみを感じやすくなります。

全身の肌への惜しみない保湿のお手入れを

全身脱毛のかゆみ対策として自分で行うことは、全身の肌への保湿重視のスキンケアです。日頃から肌へのスキンケアをしてはいるものの、顔のだけでスキンケアは終わりという人は少なくはありません。全身を対象とした脱毛に通い始めたら、肌はレーザーや光の照射の影響を受けるので、今までよりも乾燥をした状態です。乾いたままで肌トラブルを起こしやすいため、ボディケア用のコスメでの保湿をすることです。顔用の基礎化粧品も利用はできますが、ボディは範囲がとても広いこともあり、ボディ用で市販されている、ローションやクリームが役立ちます。ボディ用は大容量でお値段もお手頃か買うの商品が多いため、たっぷりと全身のスキンケアに使うことができますし、肌は潤いで満タンな状態です。

全身脱毛をした日の夜はお風呂と飲酒もお休み

全身脱毛をした日の夜はかゆみ対策として、入浴と飲酒も休みをします。全身の肌にはレーザーや光で熱の影響を受けていて、軽い状態ではあるものの、炎症を起こしていることには変わりがないです。軽度であってもやけどの状態ですので、夜は熱の上がるような行動は一切控えるのも必要になります。入浴をすると体温が上がるので浴槽には入れないですが、シャワーで汗を流すのは大丈夫です。高温でのシャワーではなく、ぬるめのシャワーの温度で、軽く汗を流して当日の夜のシャワータイムは終わりにします。シャワータイムのあとは全身の肌への、しっかりとした水分重視の保湿ケアをすることも重要です。飲酒も体温を上げてしまうので、その日の夜はお休みをして、早く寝るのが良い過ごし方になります。

まとめ

全身脱毛か軽い内部のやけど状態なので、かゆみを感じやすいものの、保湿をすることで肌は落ち着きを取り戻します。肌に熱を感じるようであれば、保冷剤を肌にあててクールダウンさせて、ローションやボディクリームでのスキンケアをすることです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

全身脱毛のメリット及び注意点と医療クリニックが高い効果を望む場合に推奨できる理由
全身脱毛はやけどや炎症の心配もなく施術できます
全身脱毛にエステやクリニックへ通う頻度
全身脱毛を始める20代が増えています
全身脱毛の痛み対策は医療用の麻酔を使う
全身脱毛のメリットは手間やコストを省ける
全身脱毛のデメリットを知っておこう
全身脱毛で失敗しないために気をつけること
生理の時に全身脱毛の施術を受けても良いのか
サロンで全身脱毛を行うメリット及びデメリット
全身脱毛は高いは間違い、実はお得に脱毛が出来る
全身脱毛を受けることで考えられる副作用
全身脱毛初回はカウンセリングや無料照射が
全身脱毛を任せられるサロンの選び方
全身脱毛をサロンやクリニックで行う場合の流れを知る
全身脱毛の際に気をつけたい剃り残し
全身脱毛は痛さも感じず施術を受けれます
全身脱毛を受ける時は保湿をしっかり
全身脱毛をする当日に注意すべきこと
全身脱毛は肌荒れも改善する事が出来る
全身脱毛後に脇汗が増えてきた場合の対処について
全身脱毛をする際のアンダーヘアの脱毛について
全身脱毛の施術を受ける際は恥ずかしいのか
全身脱毛は安全に綺麗な素肌を手に入れることができます