全身脱毛の際に気をつけたい剃り残し

全身脱毛の際に気をつけたい剃り残し

全身脱毛の際に最も気をつけたいにが、自己処理での剃り残しです。脱毛サロンや医療クリニックによって対処は異なりますが、ムダ毛の残っている場所は避けての照射はよくあります。良心的なサロンやクリニックだと、スタッフがシェービングをしてくれるケースもあるので確認です。

脱毛前には自分でのシェービングが基本

記事のイメージ画像

全身脱毛をする前には自己シェービングが基本であり、残さずにシェービングするにはコツがあります。全身はとても広いパーツになりますが、サロンやクリニックでの1回の来店で、全身をくまなく照射することは少ないです。だいたい上半身と下半身で分けているとか、3パーツや4パーツに分割して、数回の通院やサロン通いで全身の1回分の処理というカウントになります。1回の施術パーツは半分から何分の一ということになるので、部分的に集中をして自己処理することです。予約日の当日は施術パーツのみムダ毛の自己処理が終わっていれば良いので、全身契約でもその日に施術をする場所だけ処理をしておきます。

明るい場所でのダブルチェックを

全身脱毛予約前の自己処理をする秘訣として、明るい場所でシェービングをすることです。薄暗い寝室や浴槽でのシェービングは、だいたい毛を残すことになりやすいですから、室内の電気を明るく付けて処理をします。広いパーツでもあることから処理は1回で終わらせようとしないで、2日前に処理したら前日にも再度目視での、ダブルチェックをすることです。脇だけやビキニラインだけとは違い、全身は広さがありますし、後ろ側や入り組んだパーツは、自己処理にも時間がかかります。見えにくいとか手が届きにくいこともありますので、日程と時間には余裕を持ってのシェービングが賢いです。2日前には全体的に処理をしておいて、前日には再度残っていないかを確認して、最終的な処理をします。

体毛に対しての脱毛施設での対処を確認しておくこと

全身脱毛前には必ず自己シェービングをするものの、広すぎるエリアは毛が残ることはあるので、サロンやクリニックでの、剃り残しへの対処を確認しておきます。システムや方針が利用する施設で異なるので、スタッフが手助けをしてくれることもあれば、一切処理はしないという方針の施設もありますので、自全確認は必須です。スタッフによるシェービングサービスがあるとしても、有料か無料かも確認します。有料の施設の場合は、パーツごとに費用が加算されることもあるので、何箇所も毛が残っていると、それだけ処理費用が高いです。無料で処理をするとしても、条件をよく把握する必要があり、背中やうなじにVIOパーツに限定して無料というケースもあるからです。

まとめ

全身脱毛前にはできる限り、剃り残しのないように処理をしておきます。広いパーツだと分かっているのが全身ですので、クリニックやサロンでは、お客さんのムダ毛の処理の剃り残しには対策を用意しているケースが多いです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

全身脱毛のメリット及び注意点と医療クリニックが高い効果を望む場合に推奨できる理由
全身脱毛はやけどや炎症の心配もなく施術できます
全身脱毛にエステやクリニックへ通う頻度
全身脱毛を始める20代が増えています
全身脱毛の痛み対策は医療用の麻酔を使う
全身脱毛のメリットは手間やコストを省ける
全身脱毛のデメリットを知っておこう
全身脱毛で失敗しないために気をつけること
生理の時に全身脱毛の施術を受けても良いのか
サロンで全身脱毛を行うメリット及びデメリット
全身脱毛は高いは間違い、実はお得に脱毛が出来る
全身脱毛を受けることで考えられる副作用
全身脱毛初回はカウンセリングや無料照射が
全身脱毛を任せられるサロンの選び方
全身脱毛をサロンやクリニックで行う場合の流れを知る
全身脱毛の施術で肌にかゆみが生じたときの対処
全身脱毛は痛さも感じず施術を受けれます
全身脱毛を受ける時は保湿をしっかり
全身脱毛をする当日に注意すべきこと
全身脱毛は肌荒れも改善する事が出来る
全身脱毛後に脇汗が増えてきた場合の対処について
全身脱毛をする際のアンダーヘアの脱毛について
全身脱毛の施術を受ける際は恥ずかしいのか
全身脱毛は安全に綺麗な素肌を手に入れることができます