全身脱毛を受けることで考えられる副作用

全身脱毛を受けることで考えられる副作用

全身脱毛は受けてみたいものの副作用が気になるのは、光やレーザーの照射方法だからです。有料施設での脱毛を受ける前といえば、カミソリ処理や毛抜き処理という、わかりやすい処理方法でしたらか、体毛に照射する方法には不安を感じることはあります。

毛穴奥にまで到達しての健康への問題点

全身脱毛を受けることでの副作用として、光やレーザーが毛穴の中の毛に反応をすることから、もっと奥にまで到達をするというイメージを持つのは誤解です。皮膚の表面からはほんの3ミリから4ミリまでが到達の限度なので、内臓にまで届くことはありません。もちろん健やかんい流れる血液の血管にも害を与えることは一切ないですから、血管も健やかなままで何も変わらないです。クリニックのレーザー治療も、エステ機器の光も、かなりパワフルな印象がありますが、健康を害する副作用はありません。肌の表面にレーザーや光を照射することは、イメージ的に皮膚がんの心配を持つとしても、赤外線寄りなのでそれも心配不要です。

ささやかな肌の一時的変化の赤み

全身脱毛のもはや副作用とも言えないですが、肌のささやかな赤みはあります。脱毛を受けることが初体験の人の場合は、照射を受けたあとに肌に赤みを持つこと自体、驚くことではありますが、直ぐに治まる症状です。脱毛はムダ毛をなくしたい場所に、光や医療レーザーの照射を行う方法なので、肌にもその熱の影響があります。肌が黒く焼けてしまうわけではないですが、黒色色素への熱変換の影響が赤みの理由です。脱毛で肌が熱をしばらくもつ状態になるので、肌はほのかに赤くなりますが、スタッフによるクールダウンがあります。保冷剤を当てたり、クールダウンのジェルを塗布したりして、帰りには赤みも引いいているのが普通です。

全身脱毛後の肌に感じるかゆみの症状

全身脱毛での副作用としてひとつは、肌乾燥によるかゆみもあります。全身に熱を加えるのが全身脱毛でもあるので、全身の肌は水分を勢いよく蒸発させるような状態です。いつもであれば肌の内部には、水分も美容成分もたっぷりなので、肌はプルプルとしていて、皮膚のバリア機能もばっちりですが、脱毛後の肌は少し違います。全身に照射をするので全身から大事な水分が逃げて行き、全身の肌が乾いてかゆみを生じるためです。肌がハードに乾燥をするのは分かっていることなので、全身へのローションやボディクリームなどでの、毎日のスキンケアをするのが対策になります。かゆみに対してはとにかく保湿が改善方法ですので、ボディへのスキンケアが改善には有効です。

まとめ

全身脱毛を受けることでの副作用は、健康を大きく害するものはないです。肌の乾燥やかゆみ、肌のやけどリスクもありますが、どれも本人の心がけと、エステサロンや医療クリニックの対応で回避ができることになります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

全身脱毛のメリット及び注意点と医療クリニックが高い効果を望む場合に推奨できる理由
全身脱毛はやけどや炎症の心配もなく施術できます
全身脱毛にエステやクリニックへ通う頻度
全身脱毛を始める20代が増えています
全身脱毛の痛み対策は医療用の麻酔を使う
全身脱毛のメリットは手間やコストを省ける
全身脱毛のデメリットを知っておこう
全身脱毛で失敗しないために気をつけること
生理の時に全身脱毛の施術を受けても良いのか
サロンで全身脱毛を行うメリット及びデメリット
全身脱毛は高いは間違い、実はお得に脱毛が出来る
全身脱毛初回はカウンセリングや無料照射が
全身脱毛を任せられるサロンの選び方
全身脱毛をサロンやクリニックで行う場合の流れを知る
全身脱毛の際に気をつけたい剃り残し
全身脱毛の施術で肌にかゆみが生じたときの対処
全身脱毛は痛さも感じず施術を受けれます
全身脱毛を受ける時は保湿をしっかり
全身脱毛をする当日に注意すべきこと
全身脱毛は肌荒れも改善する事が出来る
全身脱毛後に脇汗が増えてきた場合の対処について
全身脱毛をする際のアンダーヘアの脱毛について
全身脱毛の施術を受ける際は恥ずかしいのか
全身脱毛は安全に綺麗な素肌を手に入れることができます